スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

アンカレッジからの手紙

娘からの手紙が、最終宿泊地アンカレッジから1週間かかって届きました。

アラスカ旅行の様子が、手に取る様に分かります。

今回もツワーに入らず、10日間 単独旅行。

アンカレッジ ➝ デナリ国立公園 ➝ フェアバンクス

氷河クルーズ、アラスカ動物園、デナリ国立公園ワンダーレイク往復
11時間のツアー、
アラスカ大学フェアバンクス校(オーロラ研究の拠点)にある博物館、図書館。

夜はオーロラを待ったけど、残念ながら現れず...。

一人旅のメリットを、目一杯満喫した様です。

行きは、アンカレッジからアラスカ鉄道でデナリ迄、景色がとっても良く、あまりの快適さに、デナリからフェアバンクスへもアラスカ鉄道で!

帰りはフェアバンクスからアンカレッジまで飛行機。

雲を突き抜けて見えた、マッキンリー山(6194m)の真っ白な美しい姿に釘付け!

マッキンリー
      (ホテルクラブ 旅行ブログ)よりお借りしました

山と動物好きの娘にとってアラスカの旅は、野生動物 (熊、カリブー、ヤマネコ、リス、ラッコ、アザラシ等)を身近に見れて最高...。

デナリ
    デナリ国立公園  "トリップアドバイザー提供"

博物館や図書館に3日間通っているうちに、図書館で12年働いている日本人女性と知り合い、色んな話しをして友達になったそうです。

今回の旅は、居心地のいいホテルにも恵まれ、そこで知り合ったアメリカの大学院に留学中の外国からの学生2人、現地で働く日本の研究者の人達と色んな話をして、皆本当に勉強してる人が多いと感心していました。

ツワーでは体験できない、人との触れ合い、臨機応変な行動が魅力で、一人旅をするのでしょう。

「人」運はやっぱり良いみたい (本人弁)

私「危機的な状況はなかったの?」 

娘「あったよ、1日一便のアラスカ鉄道に乗り遅れそうになった!
寝坊して、発車25分前に目が覚め、猛ダッシュでホテルを出て、たまたま来たタクシーに飛び乗り間に合った~ヽ(^o^)丿」

側にいなくてよかった~(>_<) ハラハラします。


みやざき納涼花火大会  (大淀川)

8月4日(土)に開催される予定の大淀川の花火大会が、台風11号による雨の為2日遅れで、やっと今日実施されました。

今年も、我が家のベランダから楽しみました。

予定通りだったら、最高の場所で鑑賞できたのに残念...。

花火を見下ろす、大淀川沿いの高層マンションに住む友達のお宅に招かれていました。

花火と数人でのお喋りを、とても楽しみにしていましたが、順延々で今日も実施されるか不安でした。

4日は3時頃まで、実施か順延か分からず、友達は料理を数品用意して待っててくれましたが、折角なので花火を見ながらと言う事で翌日に。

次の日も雨で順延、申し訳なかったのですが、用事で参加できなかったもう一人の仲間が揃った日に、食事会をする事に成りました。

私もエビチリとアスパラと人参の肉巻を持参する予定でしたが、当日と翌日の我が家の晩ご飯になってしまいました。

彼女は一人暮らしなので数日かけて食べる事に! 本当にごめんなさい。

花火1

2012年で64回目となる宮崎県宮崎市の「みやざき納涼花火大会」。

仕掛け花火や連発スターマインなど、趣向をこらした約8000発の花火が打ち上げられる。
特に、大淀川に仕掛けられる、フィナーレのナイアガラは圧巻。
メイン会場と打ち上げ場所が近いので、視界に広がる光と芯まで響く音を体感できる。
花火の前には、太鼓やフラダンスなども実施される予定だ。  
                (ホームページより)

花火2

なかなかタイミングが合わず、写すのが難しいです。

国道を挟んで、同じ階数のマンションがあるので低い花火は見る事ができません。

P1070458.jpg

バンザイした傘

台風10号が接近した今日の12時半、フラのレッスンに出かけようと、マンションのエントランスを出た途端、強風と横殴りの雨でよろよろ!

傘があっという間に、バンザイ状態。濡れるに任せて身動きとれません。
台風傘

心配そうに管理人さんがこちらを...。

車迄行き着けず、諦めてUターン。

「今日は休みますね (^_^;)」

「その方がいいですよ」管理人さん。   

暫く外を眺めていた夫が、「なんか大丈夫そう!」

慌てて車へダッシュ、良かった~休まずに済んだ。

やはりこの台風で半数がお休み、少し淋しい。

いつも早く教室に着いてるので、時間をちょっと過ぎて到着した私に、「休みかと思った...」の声。

帰りに、娘の誕生日プレゼントを送りにY運輸へ。

中身は食料品をこまごまと、色気のない事(笑) 

身に付ける物は、好みがありますので...食べ物は何でも喜んでくれます。


台風はその後、何事もなく通り過ぎました。

気ままな一人ドライブ、墓参りと懐かしい場所を訪ねて。

小林市(宮崎県)の名水夏祭りフライベント(28日)に参加しました。

えびの市で、墓参りや53年来の親友とゆっくり過ごす為、仲間より1日早く午後2時出発。

かんかん照りの宮崎を出発、フラのCDを聞きながら気持よく運転していたら、突然ワイパーが効かない程のどしゃ降りに!

紙屋から野尻まで、これでもかと言うぐらい降っていた雨が急に止み、少し行くと道路も乾いています??

又周りが暗くなり、対向車がヘッドライトをつけて走って来ます。

道路に落ちてる木の葉がいっせいに、ころころと転げながら私に向かってきて不思議な感覚...。

小林市に近ずくと、今度はどしゃ降りと水しぶき、そして雷と稲光。

おまけに前方の車の故障で片側一車線、追い越し禁止の道路でパトカーが来て対応する迄50分も停車です。

時間に余裕のある私は、あやとりをしながらノンビリ待つ事に。
s-2010081917364160119[1]
えびの市のお墓に着いた時は、かんかん照りに、

涼しくなるかなと両親の墓に何度も水を掛けました。

かえって蒸し暑くなってしまったかも m(__)m 

単調な1時間半の道のりが、盛り沢山の2時間20分となり、楽しいドライブになりました。


友達と夕食を取りながら、ゆっくりお喋り。

「仕事辞めて、やっとノンビリできるね?」

「ううん、周りが高齢化して自分の母親の介護以外に、近所や親戚の人達の病院通いの付き添い、又色々頼りにされて、お呼びがかかるのよ。」

交通の便の悪い田舎は、車無しでは身動きがとれません。

車のない時代は、普通に暮らせていたのに...。便利に成りすぎて、かえって不便になった様な気がします。

子供達が遠方に居て、老夫婦だけの生活が多く、運転できる友達は、貴重な存在です。

でも独身の彼女は、「自分が歳取って同じようになっても、近くに頼れる若い人は居ないのよね...」



翌朝10時ホテルを出てから、思い出の地を散策、そしてもう一度墓参り。

小学4年生から高校3年迄、9年間過ごした懐かしいえびの市(加久籐)の風景です。

長江川2

この橋は道幅がもっと広かった様な、川幅ももっとあった気が...。
         長江川

長江川

小学生の頃、夏休み前から毎日泳いだ長江川。夕立が来ないか、入道雲の様子を見ながら!
プールが無かったので、水泳を習いませんでした。
護岸工事前はもっと川幅が広く、起伏があり風情がありました。
堤防から川岸迄は、子供たちの足跡で道も出来ていたのに...。
深くて足が着かないので、中程にあった岩迄犬かきで必死に泳いだり、キュウリや石を投げ、潜ってとったり、毎日飽きもせず遊んだ小学生時代。

神社

堤防を挟んで、すぐ隣にある加久藤神社。
毎朝ラジオ体操後、境内と神社の掃除をしていました。

午後からは水着の着替え場所、そして夕立で濡れないように、縁の下が服置き場。

神社広場

眠い目をこすりながら、ラジオ体操をした境内。
明るい広場の記憶がありますが、50年経ち樹木が鬱蒼と茂り暗くなっています。

木立

境内にある杉木立

中学校

中学校 バスケットに明け暮れた3年間 
体育館はまだ無く、寒い冬も短パン半袖で、夏はおもいっきり真っ黒けに。
今も同じ場所に部室が!あの頃、部室の横に可愛い木瓜の花が咲いてたけど...。

小学校

小学校 転校して来た初日、運動場での朝礼時、なんとなく居場所が無くてもじもじしてた自分を思い出します。 

せんだんの大樹

小学校 南の塀ぎわに植えられた樹木が、大きくなっています。

せんだんの大大樹

小学校  センダンの大木 根元から写した風格のある写真を、うっかり削除してしまいました。

大淀川の、素晴らしい景色を眺めながら、フラ!

昨日は、フラの自主練。

大淀川風景
      (宮崎観光ホテルのホームページよりお借りしました)

大淀川沿いに建つホテル街は、橘公園(堤防の遊歩道)と共に南国情緒が味わえる、素敵な場所です。

それらを眼下に望む、対岸にある友達のビル、9階の広い一室を借りて、フラの自主練。

全面、ガラス張。室内に入った途端、大淀川の素晴らしい景色が広がります。

すごく贅沢な気分でフラレッスン。

1時半から5時近く迄。

真剣です、それぞれの欠点修正や、綺麗な人の真似、充実感がすごくありました。

デジカメ動画を撮り、本人にも確認してもらいます。

ソファーに座り、ケーキとお茶で少し休憩。

その間もフラの話!  

音楽に合わせて、全身と頭を使ってのフラ。

その前日はあやとり同好会で、指と頭をフル稼働。

老化防止には、少し役立っているかな?

テレビが映らない! えっ電話も、インターネットも!

今日は久しぶりに、朝から青空。布団干したり、シーツなどの大物がベランダではためいています。

部屋を風が吹きぬけて、湿気がいっぺんに取れそう。

昨日の朝10過ぎ、テレビを見ていた夫が、「映らないよ!」
見ているのに何故?? 「地上波が映らない」でした。

えっ壊れた!

最近訪ねたブログ記事に、買って1年のテレビが故障...と読んだばかり。

夫はNHKで、ウインブルドンテニスを夜中3時過ぎまで、見ていたはずなのに...何故。

同じマンションのKさんに、念の為電話。

「家も映らない!雷で故障したみたい、エレベーター前に張り紙がしてあるわよ」

良かった~我が家だけでなくて、修理が済むのを、待てばいいだけ。

毎日毎日雨、昨日はすごい雷。

6月は、雨ばかりの毎日でした。

前日から雷が鳴っていましたが、テレビが映らないのは初めて。

午後の2時過ぎパソコンを開く、インターネットが繋がらない! えっ!電話は...繋がらない

Kさんには、携帯で電話したから気が付かなかった...。

会社に電話 「雷で故障です。伺いますが、込み合ってて日時が決まり次第お電話します。」

携帯があって良かった~。雷の中、公衆電話を探さなきゃならないとこでした。

3時半頃地上波が回復。

電話とインターネットの会社からは、未だ電話が掛ってこない...。

確かインターネットはマンションで共同アンテナを立てたはず、ロビーで誰か話してるかも?

下りたら、丁度管理会社の方が張り紙を剥がしている所、「工事終わりました、お待たせしました。」

「テレビは治りました(^-^)、電話とインターネットが繋がらないのですが...」

「どこの会社ですか?」

「Kです。」

「もう大丈夫、繋がると思います。」

慌てて帰り、確認、繋がってる!
管理人室でわざわざ待ってて下さる方へ、連絡「大丈夫でした、ありがとうございます。」

ここの処ビックリ事件が立て続け...。

土曜日なのに、管理会社の方も休日出勤で、人騒がせな雷でした。

えびの地震 の思い出

日本各地を不安にしている地震!

私も高校2年生の時(昭和43年)、えびの地震を経験しました。

昨年1月、火山噴火で有名になった、新燃岳の麓です。

2月21日、雪の降る寒い日でした。

午前10時44分 震度6(旧えびの町真幸地区)の 直下型地震

未だ授業中だったと思いますが、起きた瞬間の記憶が、何故か全くありません。

直下型の上、学校は震源地から、随分離れていたので、揺れはそう大きくなかったのでしょうか。

自宅に居た母達は、雪の中、はだしで飛び出したとか...。凄く怖い思いをしたそうです。

地震後の生活は、ハッキリ覚えています。

電車やバスが運行停止。

遅くなってバスだけが再開し、やっと家路に向かいました。

途中のバス停から乗り込む人の中に、父の姿を発見してホッとしました。

2月21日の本震から3月25日までの1ヵ月間に、震度5以上の地震が5回。
群発地震です。

被害が大きかったのは、震源地から半径10キロ以内。

我が家は殆んど被害はありませんでしたが、隣の真幸地区では旅館や、民家がぺしゃんこになって被害が甚大でした。

古い家なので、余震が怖くて怖くて、とても家の中では寝られません。

庭に小屋を立て、長い期間そこで雑魚寝しました。

暫く寝泊まりしていたら、小屋でなにか変な臭いが...?

床をどけて見ました。出口を失ったモグラが、圧死しています(>_<)

死傷者数 死者3名 負傷者44名

被害地域 主に宮崎県、熊本県、鹿児島県
 全壊家屋: 498棟
 半壊家屋:1278棟
 一部損壊:4866棟
 山・崖崩れ:44ヵ所


地震前日の2月20日に発生した、金嬉老事件の方が多く報道され、被災者住民が地震に関する情報をなかなか得られないという問題もあった様です。




若いって美しい! 立ち姿だけで...綺麗。

毎年11月にハワイ島で開催される「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」本選出場を目指し、宮崎で第7回となる日本大会が行われます。

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル2012 日本大会in宮崎

開催場所 宮崎市フェニックス・シーガイア・リゾート サミットホール

開催期間2012年7月7日~9日

7月7日の開催に向け、宮崎ではフラ月間として色々なフライベントがあります。

今日は、宮崎空港ビルのオアシス広場で!

ふら6

若いって本当にいいですね。
立ち姿だけで、綺麗、初々しい!

ふら3

ふら4

4、5歳の子供さんも懸命に踊っています。
こんなに、小さな時からフラを始められるなんて羨ましい!
お孫さんを見に来られたのか、年配の方々が前列に。

フラ2

20代の女性ばかりと思っていたら、あどけないない顔が2人。
小学6年生ぐらいでしょうか? 化粧で大人っぽく見えました。(右端の椰子の木で隠れてしまいました)

フラ1

ふら7

ふら5

流石ベテラン、魅せます。表情、笑顔、動き、惹きつけられます。

ふら8

7月28日(土)は小林市(車で1時間)で「名水夏祭り」があります。

駅前広場で、いわき市のフラガール(スパリゾート)が出演、皆で観に行く事になりました。

ビックリ体験!

昨夜、宮崎にお住まいの、Tさんのブログ記事を1週間遡って読んでいました。

その中に、「ビックリ体験を教えてください」のタイトルが、ノンビリ気分で読み始めました。

山歩きをされてる関東のブログ友と、いつもコメントを下さる宮崎出身の女性の話です。

ブログ友を訪問した時、「登山中アクシデント、同行の女性が足を滑らせて痛がっていたけど、足首の骨折に気付かないまま、1時間半の道のりを3時間半かけて自力で下山させてしまった、悔やまれてならない。」

Tさんは、記事を読みながら、おや?ひょっとして~?、

いつもコメントを寄せる方から、「私も骨折しました、登山中に転んで、折れたまま3時間も歩いて下山し、帰って病院行ったら骨折、今、ギブスに松葉杖」のコメントが入っていた。(Tさんも、骨折でリハビリ中)

それまでTさんの中では、何年も全然関連のなかった2人が、登山仲間で繋がっていた事を発見して、ビックリした瞬間!
imageCAA5T4K8.jpg

私はTさんの記事を読みながら、「同行した仲間の一人」あたりから胸騒ぎが...、慌てて先を読みました。

やはり骨折したのは、Uさんです。
とても頑張りやですが、骨折した足で3時間半も歩き通すなんて...。その状況を思うと...。

つい最近、Uさんから何事もない様子でコメント貰ったばかり、心配させまいとしたのでしょうか。
骨折していたなんて、本当にビックリしました!!

「ビックリ体験を教えてください」を読んでビックリ体験をしました(笑)

日常生活はできてる様なので、安心しました。
プロフィール

さくら

Author:さくら
 牡羊座 女性
 趣味  フラ あやとり
 のほほんとした南国宮崎で、ちょっとした体験や感じた事  を綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。